本日3月13日(土)より、〈TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.〉 Spring / Summer 2021 collection. "doe(s)"がローンチされた。 今シーズンは、アルフレックス社の名作ソファ・マレンコのファブリックに、"john doe(s)" "jane doe(s)"のスタンプを施したオリジナルファブリックを使用したアイテムがラインアップ。またローンチに合わせ、同ファブリックのマレンコソファの受注を開始する。

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. x arflex

MARENCO two seater armchair -john doe(s) / jane doe(s)-

¥428,000+tax

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. x arflex

MARENCO armchair -john doe(s)-

¥260,000+tax



TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. x arflex

MARENCO armchair -jane doe(s)-

¥260,000+tax



マレンコソファ 取扱店舗 TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.直営店(伊勢丹店除く), 一部取扱店舗




また、昨年9月29日に発表されたコレクション映像に使用された、杉浦英治氏による楽曲を収録したアナログLPの限定販売も開始する。

本編での使用楽曲、また数秒しか使用されていない曲も含めて、全9曲が収録されている。サブスク、デジタル配信リリースは今のところ予定はなく、追加プレスの予定のないアナログLP100枚限定のリリースとなる。Electric Glass Balloon、SUGIURUMN、THE ALEXX と30年に渡るキャリア初の本人名義のリリースとなる本作は、Takahiro Miyashita氏の脳内にアクセスし、今までの音作りとは一線を画したドープなサウンドスケープとなっている。

コロナ禍の2020年、杉浦英治が全てのエネルギーとアイデアを本作に注ぎ込んだ渾身の一 枚が、100人しか聴けない(聴かせない)とは、またパンクな話である。見開きWジャケット仕様のTakahiro Miyashita氏のひりひりとした美しいアートワーク。

タイトルとなるdoe(s) -名無しの権兵衛-よろしく、レーベルなしの完全自主制作盤。 This is Eiji Sugiura。是非あなたに聴いてもらいたい。


Artist: Eiji Sugiura Title: doe(s) Art Work: TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. Wジャケット仕様 12incn / LP ¥5,000+tax



LP 取扱店舗:

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.直営店, 一部取扱店舗

BE AT TOKYO https://be-at-tokyo.com/

GAN-BAN https://ganban.net/



〈TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.〉Spring / Summer 2021 collection. 「doe(s)」 世界的なパンデミックの動乱は、宮下がデザインする事を通して見る景色をも変えてしまった。しかしそれは宮下のデザインの思考の方法論を、その延長上に存在する定量化出来ない 事象の領域への挑戦へと進化させたという事に他ならない。この抑圧された現状下で宮下は、二極化の進むファッションの世界に於いて、本当に洋服に向き合える瞬間の訪れを感じ、その創作を続けた。宮下は全てがリセットされた新たなる世界の ”誰でもない存在“ の 為の洋服を創作する。性差や肌の色の違い、年齢も全く関係の無い、新しい世界の始まりを 示唆する為に今コレクションを創り上げた。

部屋の中から見る世界の景色は、あまりにも凄惨だ。ソファの生地を、そしてキャンバスの 生地を引き裂いて身に纏う。洋服を守る為のガーメントは本来の用途を離れ、洋服としての概念に生まれ変わる。それらは自分の部屋から飛び出し、新しい世界とコネクトする為の自 身の心の葛藤をプロテクトする為の表現にも思える。思考に日々現れるノイズは切り裂かれ、目に見えない事象を空間の概念として捉えることで無限の美しさへと変換し、洋服上に 表現される。前世界の崩壊を抽象として捉えられた言葉は洋服上へ落とし込まれ、混沌とす るこの世界を前を向いて闊歩する為の力となる。洋服に付けられた傷は人間が更なる進化 を遂げる為に、光へ至る道へと続く道標となる。 人

間の悪しき欲望と感情を覆い隠そうとする為に、メトロノームの振り子はこの狂った新し い世界に合わせた新たなるテンポを刻み始める。宮下の脳内を映し出した映像での表現 は、美しくも儚い旋律を奏で、宮下の洋服の表現領域を新たなる次元へと昇華させる。

性差も肌の色の違いも年齢も、新たなる世界に於いては全ての境界線が存在しない事を TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. は追い求める。その違いは個人のアイデンティティとし て、自己を表現する為のただの美しさの違いという認識へと変換される為に、宮下は“誰で も無い存在”の像をただただ無心で創作する。

世の中は美しい、戦う価値がある。 きっと洋服で世界は変えられるのだから。



お問い合わせ先: TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.AOYAMA

TEL 03-6805-1989