SCRAP YARD



昨年発売した本誌の18号ニューヨーク特集で紹介させていただいたSCRAP YARDからメールが届き、最新号を含めて受注数よりも多めに先日発送させていただきました。以前のロンドン特集のときにお世話になったジョー・ケイスリーヘイフォード氏から、熱い言葉をいただいたり、こうして言葉の壁を越えて繋がっていけることを嬉しく思います。






Taishi Hikone

(C) KAMIMIC Inc.