Richardson x David Sims 2020 Summer CampaignのコラボTシャツが7月18日(土)より発売



イギリス人ファッションフォトグラファーであるリチャードソン、そして、デイビッド シムズは1990年初頭に厳格なモダニズムとして知られるシンプルかつ率直なグランジムーブメントの最初の提案者として名を挙げた人物。彼の作品は常にアンチヒーローの顕彰として若者の文化に根付いている。友人である2人が、2020年サマーキャンペーンを発表した。

今年初め、シムズはロンドンのカムデンにある彼のスタジオにて息子のキップと彼の友達を撮影した。その作品は自然のエネルギーに満ち溢れていて、このプロジェクトは当初、今年の初めに東京で展示開催される予定だったが、代わりに大判のzineとして印刷されることになった。本キャンペーンを記念し、Richardson Tokyoではシムズが撮影した写真をプリントしたTシャツを枚数限定で7月18日(土)より発売。Tシャツを購入したらZINEもプレゼントしてくれる。


Tシャツ(white): ¥10,000+tax


Richardson Tokyo

ADDRESS: 東京都渋谷区神宮前4-27-6

OPEN: 11am-8pm

TEL: 03-6455-5885

IG: @richardsonworld @richardsonshopjp


Richardson™について Richardson/リチャードソンはクリエイティブディレクターのアンドリュー・リチャードソンがアート、セックス、カッルチャーを探求する過激なインディンペンデントマガジンとしてスタート。1998年の設立以来、リチャードソンはコンテンポラリーカルチャーの端に存在するソフィスティケーションを追求してきた。

2003年、SupremeとコラボレーションしたTシャツをきっかけに、本格的にアパレルラインを立ち上げる。 今日ブランドは、アートとクラフトマンシップを通して若者の意識に訴えかける、という雑誌と同様の方法を用いてデザインされたアパレルとアクセサリーを提供している。レディースでもメンズでもない、ユニセックスを好むコンシューマーに向けて、デニム、スウェット、Tシャツ、ワークウェア、アウターウェア、アクセサリーを展開。リチャードソンは、挑発的でありながらも洗練された世界観を表現する次世代の為の、雑誌でありアパレルコレクションでもある。

(C) KAMIMIC Inc.
  • Instagram - Black Circle