〈Warp Records〉最古参の所属アーティストとして、30年以上に渡ってシーンを牽引し、エレクトロニカ、ジャズ、ヒップホップ、テクノ、ダブ、ファンク、ソウル、テクノを独自にブレンドした作品群で人気のレジェンド、ナイトメアズ・オン・ワックスが、3年振りとなる待望の新作『Shout Out! To Freedom...』から新曲「Breathe In」とリリック・ビデオを新たに公開した。




ニューシングル「Breathe In」では、ニューヨーク出身の駆使したヒップホップ・デュオ、オシュン (Oshun)をフィーチャー。Oshunの名前は、西アフリカのヨルバ族の宗教に由来する、新鮮な水、快楽、性、豊穣、美、愛を司る神話上の神に由来している。この曲のルーツについて、2人は次のように語っている。 「Breathe In」は、混沌とした状況の中でも地に足がついた状態でいられるように、心、体、精神を中心に据えるための機会だと思う。平凡な日常であっても、世界的な緊急事態であっても、私たちに受け継がれてきたツールは常に必要だわ。私たちがまだここにいて、この地球上で息をして存在しているのには理由があるということを、この曲は私たちに思い出させてくれる。- Oshun ナイトメアズ・オン・ワックスこそジョージ・エヴリンは、9枚目のアルバムにして、ついに自分自身のグルーブと呼べる領域に足を踏み入れた。パンデミックがもたらしたロックダウンによって活動のスローダウンを余儀なくされたおかげで、自らを見つめ直す有意義な内省の時間を得ることができた。「10年間ノンストップでギグを続けてきた。その経験は美しいものであると同時に精神的に疲弊してしまったんだ」とジョージは振り返る。 クリエイティブな仕事をしていると、常にあらゆることに疑問を感じる。だからこそ、時間と空間があれば、これらのことをきちんと深く考えることができる。つまり、自分自身に立ち返るための旅であり、家で妻と娘と一緒にいると、自分がちゃんとここにいなかったことに気づく。自分が実際に持っているものに気づくような感覚だね。それはすでにここにあるんだ。- ジョージ・エヴリン キャリアを通して様々なゲストとのコラボレーションを重ねてきたエヴリンだが、今作では自分のアイデアをコラボレーターたちに渡していくことからスタートさせたという。作品を聴けば、NOWの歴史と進化の両方にうまく適合する新しい才能と創造的な結びつきが形成されたことがわかるだろう。今作には、シャバカ・ハッチングス、ハイレ・シュプリーム、マラ・TK、サブリナ・マフーズ、グリーンティー・ペン、オシュン、ピップ・ミレットらが参加ゲストとして名を連ねている。 洗練されたエレクトロニカ、スムーズなジャズ、巧みなヒップホップ、そしてN.O.W.のエッセンスを象徴する独特の中間領域の間をシームレスに行き来するこのアルバムには、多くのゲストがユニークでダイナミックな要素を加えているが、本作はエヴリンにとってこれまでで最もパーソナルな作品と言える。本作は、彼の人生に大きな変化があった時期に作られた。健康的なライフスタイルを取り入れた結果、長い間のツアー生活で曇っていたものが明確となったと同時に、がんの恐怖にも襲われたという。このアルバムを作るにあたって「これが最後のアルバムになるかのように、このアルバムに臨む必要がある、という会話をしたことを覚えている」とエヴリンは語る。それでも癌で命を落とすことが自分の運命ではないということをはっきりと悟ったエヴリン。それは自分の映画ではないし、物語でもない。自分にはまだやるべきことがあり、輝かせるべき光がある。その思いが本作『Shout Out! To Freedom』をパーソナルな作品へと導いた。 毎日スタジオに行っては、自分のいる場所に感謝する。そのおかげで、作曲やプロデュースなど、いろいろなことをしたいという渇望と飢えが生まれたんだ。 - ジョージ・エヴリン ナイトメアズ・オン・ワックス待望の新作『Shout Out! To Freedom...』は、10月29日に世界同時リリース!国内盤CDにはボーナストラック「3D Warrior (Reprise)」が収録され、歌詞対訳と解説が封入される。ヴァイナルは通常盤ブラック・ヴァイナルと限定盤ブルー・ヴァイナルが発売される。