2021年4月から全国展開している「ファミマフードドライブ」のロゴマークと、ロゴマークを使用したポスターや回収BOXに設置する掲示物を、世界的に活躍するファッションデザイナー〈FACETASM〉の落合宏理氏が新たにデザインしたものにリニューアル。10月5日以降、順次、全国でファミマフードドライブを実施する約600店の店舗に導入する。また、今回新たに導入する掲示物のプラスチック部分の原材料は、70%以上がペットボトルをリサイクルしたものを使用しているようだ。


デザインのコンセプトは「ファミマを通した、人達の優しさの循環」


落合宏理氏は、ファミリーマートのオリジナル衣料ブランド「コンビニエンスウェア」を共同開発していて、今回のデザインのコンセプトには「ファミマを通した、人々の優しさの循環」が込められている。


様々な人たちが持つそれぞれの優しさや思いやりの気持ちと地域の繋がりを表現する多色の線と渦をイメージしてデザインいたしました。ファミマフードドライブの文字が多色の渦と線に重なり共鳴して、文字が色とりどりの表現をし始めるように、たくさんの様々な方がこの取り組みに参加していただければと思います。ファミリーマートを通じて循環する、たくさんの優しさと思いやりが、多くの方々の支援につながるような取り組みとして、これからも、さらに広がっていくことを期待します。ー落合宏理〈FACETASM〉