アフリカを金と権力で食い物にする先進国への痛烈なメッセージが込められたエムドゥ・モクターの最新作「Afrique Victime」が公開



ルイ・ヴィトンや自身が率いるオフ・ホワイトで世界的評価を得るデザイナー、ヴァージル・アブローを虜にし、9月には世界屈指の大型野外フェス、ボナルーにも出演が決定した今最も注目を集めるギター・ヒーロー、エムドゥ・モクターが〈Matador〉移籍後初となる最新アルバムよりタイトル曲「Afrique Victime」を解禁。ニジェールの首都ニアメで撮影された同曲のMVも公開された。


“強烈なギター・ソロに合わせてバンドが躍動。先人たちの遺産を拡大しながら、 今日のニジェールとアフリカが直面している問題に焦点を当てた一曲” -Pitchfork

“全身全霊のフリークアウト” – Uncut

“砂漠のジミヘン、絶好調” - The Guardian “今、一番好きなロックンロール・ミュージシャン” - Virgil Abloh(LOUIS VUITTON)


Mdou Moctar - "Afrique Victime"

徐々に熱を帯るグルーヴがギターの咆哮とともに爆発するアルバム・オープナー「Chismiten」、バンド史上最も美しく、陽性エンドルフィンがサイケデリックに滲み出る「Tala Tannam」に続いて公開された今回の楽曲「Afrique Victime」では、アフリカを金と権力で食い物にする先進国への痛烈なメッセージが込められている。

“この曲は、アフリカにやってきて、人々に力を与え、革命を起こそうとする指導者を殺す、お金と権力を持ったすべての国へのメッセージです。このような行為は、その地域を危険で不安定な状態に追い込み、テロリストを増長させ、苦しむのは正義を持たない人々なのです。アフリカには何の罪もありません。フランスは私たちのウランを使用していますが、ここでは90%の人々が電気を使わない生活を送っている。想像してみてください。” - Mdou Moctar

2019年のワールド・ツアー中にスタジオ、アパート、ホテルの部屋、ライヴ会場のバック・ステージ、ニジェールでのフィールド・レコーディングなどを経て完成したアルバム『Afrique Victime』は2021年5月21日(金)に世界同時発売。前作『Ilana』が60年代後半から70年代前半のZZトップとブラック・サバスのレコードに例えるなら、本作は70年代半ばから80年代前半のヴァン・ヘイレンとブラック・フラッグとブラック・ウフルを組み合わせたようなアルバムで、エムドゥのエレクトリック・ギターの獰猛さとバンドの催眠術のようなリズム・セクションはさらに深化し、畏敬の念すら抱く新たなロックの可能性を見事に提示している。なお、本作の日本盤CDには解説及び歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックを追加収録。また、アナログ盤は通常のブラック・ヴァイナルに加え、数量限定のパープル・ヴァイナルがリリースされる。CD/LPともに各店にて予約受付中。

label: BEAT RECORDS / MATADOR RECORDS artist: Mdou Moctar  title: Afrique Victime release date: 2021/05/21 FRI ON SALE 国内盤CD 国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入 OLE1614CDJP ¥2,200+税 BEATINK.COM: https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11737

(C) KAMIMIC Inc.
​kinarimagazine.com
  • Instagram - Black Circle