DESCENDANTがプロデュースする出版レーベル「sign」より第1弾、写真家・平野太呂の最新刊『I HAVEN'T SEEN HIM』を刊行



1987年発表のスケートボードビデオ『The Search for Animal Chin』に登場するハワイの名物スポット"Wallows"が本作「I HAVEN'T SEEN HIM」のテーマ。少年時代の写真家・平野太呂がこのビデオに魅せられて以来、心の中で募らせてきた思いを解き放ち、現地で撮り下ろした写真集が完成。なお写真集には当時の出演者であるBONES BRIGADEのメンバーから寄せられたコメントも掲載されている。 また同タイトルでBOOKMARCにて写真集から厳選された作品を大判サイズでプリントしたもののエキシビジョンも開催。また会期中は、DESCENDANTが製作した会場限定のスクリーンプリントTシャツやトートバッグなども販売予定だ。


商品情報:平野太呂「I HAVEN'T SEEN HIM」 判型: B5変 / 80p / 日本語、英語 版元: sign by DESCENDANT 発行: 2019年5月24日 販売価格:4,000 円(税別)

DESCENDANT Presents  "I HAVEN'T SEEN HIM" TARO HIRANO 会期:2019年5月24日~6月2日 12:00~19:00

会場:@BOOKMARC 東京都渋谷区神宮前 4-26-14 Tel_03-5412-0351


平野 太呂 (Taro Hirano) / 写真家

1973年生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒。2000年よりフリーランスとして活動を開始。スケートボードカルチャーを基盤にしながらも、カルチャー誌やファッション誌や広告などで活動中。主な著書に『POOL』(リトルモア)『ばらばら』(星野源と共著/リトルモア)『東京の仕事場』(マガジンハウス)『ボクと先輩』(晶文社)『Los Angeles Car Club』(私家版)『The Kings』(ELVIS PRESS)がある。東京都渋谷区上原にて2004年からNO.12 GALLERYを主宰している。公式HP:  tarohirano.com DESCENDANT(ディセンダント)

FPARやWTAPSのディレクターを務める西山徹と妻の西山美希子によって2015年にスタート。「次世代へ受け継がれてゆくモノづくり」をコンセプトに掲げ、メンズを主軸に、断続的にウィメンズ、キッズも展開。普遍的でオーセンティックなアイテムの中に、これまでに経てきたカルチャーからの影響を織り込んだラインアップが揃う。2019年には「未来にどのような形で寄与するのか、次の時代に何を伝えるのか」をテーマに“気配”や“兆候”などの意味を持つ『sign』の名で出版レーベルもスタートさせる。公式HP : descendant.jp

(C) KAMIMIC Inc.
  • Instagram - Black Circle