BRIAN ENO AMBIENT KYOTO


 

ヴィジュアル・アートに革命をもたらした ブライアン・イーノによる音と光の展覧会

「ありきたりな日常を手放し、別の世界に身を委ねることで、自分の想像力を自由に発揮することができるのです」 ━━ ブライアン・イーノ ヴィジュアル・アートに革命をもたらした英国出身のアーティスト、ブライアン・イーノによる国内最大規模の大展覧会「BRIAN ENO AMBIENT KYOTO」が、京都を舞台に開幕した。展示作品は、ブライアン・イーノの代表作品『77 Million Paintings』、『The Ship』、『Light Boxes』の3作品全てが一堂に会することに加え、世界初公開作品『Face to Face』が展示される国内最大規模の大展覧会となっている。 1.『77 Million Paintings』(『77 ミリオン・ペインティングス』)



イーノが 『Visual Music』 (視覚的音楽)として着想した『77 Million Paintings』は、音と光が途絶えることなく変化する、どの瞬間もが唯一無二となる空間芸術。ヴィジュアル・アート界を代表する本作は、光の芸術的表現と、新しいテクノ ロジーの美的可能性への探究心から誕生しました。 2006年ラフォーレミュージアム原宿にて世界で初めて出展、その間アップデイトを繰り返しながら世界各地を巡回すること47回、世界中のアート・ファンを魅了し、ヴィジュアル・アート界を代表する作品となりました。2022年、16年ぶりに帰還します。


2.『The Ship』(『ザ・シップ』)

タイタニック号の沈没、第一次世界大戦、そして傲慢さとパラノイアの間を揺れ動き続ける人間をコンセプトの出発点とした作品。音楽、インスタレーション、そして作曲という彼の仕事の主な3つの側面が集約されています。イーノは展示空間の個別の条件に合わせてインスタレーションをデザインし、絶えずそれを発展させ、リスナーに瞑想的かつ刺激的な体験を 提供しています。2014年、スウェーデンのストックホルムにて初展示された作品。


3.『Light Boxes』(『ライト・ボックス』)

光りながら常に新たな色彩の組み合わせへと変わってゆく、LED技術を駆使した光の作品。作品の表面下にあるボックスが照らされ、光の色の組み合わせがゆっくりと変化するとき、作品に対する見方も変化し、流れるような光の魅惑的な世界に引き込まれてゆきます。2014年、イギリスのホヴにて初展示された作品。


4.『Face to Face』(『フェイス・トゥ・フェイス』) 世界初公開作品。ランダムなパターンとその組み合わせによって、予期せぬアート作品を生み出す可能性を追求した作品。 この作品は、実在する21人の人物の顔をそれぞれ1枚の静止画に収めた小さな写真群から始まりました。特殊なソフトウェアを使い、画像は1つの本物の顔から別の顔へと、ピクセル単位でゆっくりと変化してゆきます。これが、実際には存在 しなかった人々、中間的な人間など、一人一人の本物の顔の間に「新しい人間」の長い連鎖を生み出し、毎秒30人ずつ、 36,000人以上の新しい顔を誕生させることができます。


■動画リンク( ブライアン・イーノ 公式インスタグラムより @brianeno)

https://www.instagram.com/p/CeUrvzLpD1s/

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO

会場:京都中央信用金庫 旧厚生センター 会期:2022年6月3日(金) ~ 8月21日(日)