元Cherry GlazerrのSASAMIが新シングル「Take Care」をリリース




スネイル・メイルとともに回ったUSツアーを終えたササミが新たなMVとともにニューシングル「Take Care」を発表した。楽曲の制作はもちろん、映像の監督も全て自らの手で行なった。

ササミは現在USのローファイ・インディー・ロックシーンで注目を集め始めている期待の新人であり、今年3月にデビューアルバム『SASAMI』をリリースしたばかり。元は小学校の音楽教師というアカデミックなバックグラウンドを持っており、バンドDirt Dressの一員としてポップミュージックの世界に足を踏み入れてからは、Cherry Glazerrのキーボード/ボーカリストを務め、 Curtis Harding、Wild Nothing、Vagabonといったアーティストの楽曲アレンジを手がけるなどして活躍の場を広げてきた。



SASAMI - Take Care

今作「Take Care」について本人はこのようにコメントしている。 「たとえ人には見せなくても、だれでも自暴自棄になったり何もかも諦めたくなったりと、破滅的な一面を持っているものだと思います。Take Careはそんな自分を受け入れ、許し、愛してあげることの大切さを歌っています。」



label: Domino artist:Sasami title: Take Care / Free - Single

iTunes: https://apple.co/2ktjX6v Apple Music: https://apple.co/2lww2bm Spotify: https://spoti.fi/2jYbTKR

(C) KAMIMIC Inc.
  • Instagram - Black Circle