• PAPERMIC

人の手では作ることのできない自然の事象を作品に。



白石陽一さんの作品にはヒトが持つ根源的な美意識に訴えかけるような思いが込められている。山から掘り出してきた原土を主に型枠に入れて作る独自の造形。その時々の土の固まりかたや崩れかた、焼成するときの方法で表情が異なり、一つとして同じものができることはない。自然を刹那的に切り取り、無作為に象られていくかたち。そこには雄大な地層を彷彿とさせる迫力が宿る。

本展では土のオブジェのみを展示。今までにないカタチや大きさも並び、多様な作品が一堂に会する。力強くも繊細な作品たちを是非この機会。

白石陽一 企画展 <会期>2018年10月13日(土) - 10月21日(日) OPEN 12:00 CLOSE 20:00 - Closed Monday

<場所>Graphpaper

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-36-6




白石陽一 

1981 福岡県生まれ 2004 古着屋を志し上京 2006 vintageに魅了されるも、徐々に良いものがなくなっていくことを背景に          “欲しいものがないなら自分で作ろう”と陶芸の世界へ 2008 多治見市陶磁器意匠研究所へ入所 2010 多治見市陶磁器意匠研究所 修了

岐阜県瑞浪市にて現在制作中

(C) KAMIMIC Inc.