フォーク、カントリー、サイケを血肉に現在のUSインディーを代表するシンガー・ソングライターのひとり、カート・ヴァイルが最新作「Speed, Sound,Lonely KV (ep)」を発表



本作はテネシー州ナッシュビルのThe Butcher Shoppeスタジオで4年間に渡って行われた散発的なセッションをまとめた内容となっており、先日急逝したカントリーの大御所ジョン・プラインをはじめボビー・ウッド、デイヴ・ロー、ケニー・マローンといった地元の英雄たちが参加。さらに、ダン・オーバック (ザ・ブラック・キーズ)とマット・スウィーニー(チャベス、スーパーウルフ)も参加した新旧米国音楽の顔たちが集結した歴史的作品となっている。同作よりジョン・プラインの愛唱曲にして、本人とのデュエットを記録した「How Lucky」が公開された。

Kurt Vile - "How Lucky" with John Prine




「実はジョンは長い間、俺にとってのヒーローだった。彼がThe Butcher Shoppeに来て、彼の最もディープな名曲の1つを俺と一緒に演奏してくれた。もう、凄かったよ。俺はフワフワして飛んでいて、彼がそこにいた時に彼が 俺に言ったことが何も聞こえていなかった。彼が夜にいなくなった後までね。」と語る通り、カート本人にとっても特別なものとなった本作は、ジョン・プラインのカバー曲である「How Lucky」と「Speed of the Sound of Loneliness」、"カウボーイ"ジャック・クレメントのカバー「Gone Girl」、カート・ヴァイルの新曲2曲を加えた計5曲を収録。プロデュースとエンジニアはジャック・クレメントの弟子にしてナッシュヴィルを代表する名匠デヴィッド・R・ファーガソンが務めている。


コートニー・バーネットとの共作『Lotta Sea Lice』、そして2018年のオリジナル・アルバム『Bottle It In』以来となるカート・ヴァイルの最新作『Speed, Sound, Lonely KV (ep)』は10/2(金)に世界同時配信。CD/LP盤は2021年1/15(金)に発売決定。





label: BEAT RECORDS / MATADOR

artist: Kurt Vile

title: Speed, Sound, Lonely

release date: 2021/01/15 FRI ON SALE

輸入盤CD

OLE1651CDS ¥1,600+税 

輸入盤12inch

OLE1651¥2,200+税


BEATINK.COM:

https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11449



(C) KAMIMIC Inc.
  • Instagram - Black Circle