スイス発のバッグブランド〈FREITAG〉が、イギリスの折りたたみ自転車のパイオニア BROMPTONとコラボレーションのバックパックを発売



チューリッヒ発のバッグブランド、〈FREITAG〉。ロンドン発の折り畳み自転車のパイオニア、〈Brompton〉。2つのブランドには多くの共通点がある。 両者とも、リサイクルに力を入れ、循環型社会に根差して考えて行動し、自転車移動を推奨している。また、どちらも製品の品質や機能性において力を抜くことがない。そして何と言っても、世界で最も物価の高い都市で製造に取り組むクレイジーなブランドであることが最大の共通点でしょう。そんな2つのブランドがコラボして、自転車を利用するインディビジュアリストのための便利でサステナブルな新しいソリューションを考え出した。 考えに考え抜き、自転車とバッグにまったく新しい独自のひねりを加えている。

1975年、Andrew Ritchie(アンドリュー・リッチー)は最初の折り畳み自転車を生み出し、それ以来、一生涯使える折り畳み自転車や小さな車輪を持つ自転車を提供し続けてきた〈Brompton〉。それにより、都市で生活する人々の移動手段に大きな変化をもたらした。一方、Daniel&Markus Freitag(ダニエル&マーカス・フライターグ)は、 1993年に使い古しのトラックタープで最初のメッセンジャーバッグを生み出し、それにより、ゴミとして扱われる物でも、機能的で丈夫でデザイン性のある物に生まれ変わらせることができるということ、そして同じモデルの製品でも異なる外観であってもいいということを世界に示した。


FREITAGバッグは一つとして同じものがないように、通勤形態も人によって異なるもの。また、サステナブルかつ効率的な通勤路は山ほどある。 そこで、グローバル市場をリードする2大アーバンブランドがコラボして、ひねりを効かせたリュックサック。このリュックサックは〈Brompton〉の折り畳み自転車のフロントに取り付け可能だ。自転車にぴったりとフィットし、背負っている時と同じように完璧に機能する。





F748 COLTRANE – BACKPACK FOR BROMPTON リサイクル素材で作られた、典型的な長方形のFREITAGバックパックの特別版。90度回転させればあらゆるBROMPTONの折り畳み自転車に取り付け可能で、たくさんのポテンシャルが詰まっている。 ユーズドのトラックタープで作られた一点物の製品。ベルクロストラップで取り外し可能なBrompton専用のアルミニウム製フロントキャリアフレームも付く。アルミニウムのフレームを付けたままでも、付けていなくてもリュックサックとしては使用できる。

バックパックストラップはバッグ背面にマグネットで自動的に貼り付くので、片手で自転車への取り付けが簡単。メインコンパートメントは、ペットボトルをリサイクルして作られた生地で作られており、ダブルジッパー式で、ラップトップ用ポケットに素早くアクセス可能。また、 ジッパー付きの外ポケットも、信号が赤になった時にサドルから素早くアクセスできる。キーコードは長めになっているので、バックパックを自転車に取り付けたまま、ドアの鍵を開けることも可能。

また、本体と同じトラックタープで作られたマッドフラップもラインアップ。このマッドフラップは、すべてのBrompton自転車のフロントタイヤの泥除け部分にネジで装着できるようになっている。

FREITAGストア、Brompton Junction、freitag.chで4月14日より販売開始。 先行発売:2021年 3月 24日(freitag.ch)

発売日:2021年 4月14日 サイズ:19リットル 数量:3000 点  

価格:51,000 円 +税